サーモンのヤム


きょうは『サーモンのヤム』つくってみました。
ちょっと前にブログでお話していたノルウェーとのフュージョンです。笑

e0127455_035234.jpg


なんか、もろ、わたし好み❤~~なヤムでした。
娘にも大好評で、2人でむしゃむしゃいってしまいました。
(あ。主人は魚を食べないので。。)

プーさんの手書きのメモを参考に作ってみました。

e0127455_0413444.jpg


分量は書いてません。
「りあらさんヤムつくったことあるでしょ?あんな感じ」で説明は終了でした。笑
なので、今までのヤムのようにつくってみましたよ。



材料

サーモン                   200g
シャロット薄切り               大さじ3
レモングラス薄切り              2本分
バイマックルート(こぶみかんの葉)千切り   2枚くらい
ミントちぎる                 少々
青ネギ                    少々

ソース
ライムジュース(レモン汁)           大さじ1
ナンプラー                   大さじ1
チリソース(ハインツシラチャソース)      大さじ1
砂糖                      ひとつまみ
にんにく(みじん切り)             2かけ


作り方

1. サーモンは刺身のように切ってひやしておく
2. ソースの材料をまぜる。ほんとうは生唐辛子の小口切りをいれるのだけど、娘もたべるのでぬきました。
3. 食べる直前にすべてをあえて、レタスをしいたさらに乗せる。

つくったらすぐにたべないと、サーモンがライムの酸味でしろくなっていきます。
(なってもおいしいんだけどね~(^_-)-☆)
あと、ミントは娘がいやがるのでいれてません。ほんとは入れたほうがおいしいと思います。
それから、タイ人はこれでは食べれません。生のチリのみじん切りをどっさり混ぜます。
わたしは入れずに作ってますので、辛いのが好きな人はお好みで♪

ところで、さきほどのメモをみてください。
スペルがまちがってるし、途中はタイ語の英語表記です。

とっても英語が上手にはなせるのに、書くのはちょっとという人が多いです。
彼も英語圏のひとと結婚してるので、すごく英語が上手なんですよ。
日本人は書くのはけっこうできても、しゃべれない人おおいですよね。(ま。わたしもだけど。)
こういうのが、日本人の勉強の仕方の間違いの気がするのです。。。

子供ってしゃべるのが先で、書くのがあとでしょう?
ほんとはしゃべれるようになってから、書く練習がいいのかもしれないですよね。(^_-)-☆

今日のデザートはマンクッ(マンゴスチン)

e0127455_131652.jpg


いまが旬なのです。一キロ45円くらいです。
なので、3人でた~~ぷり食べても50円くらい。
ちなみにマンゴスチンは小さくて、触った時に柔らかいものがいいのです。
手でむいてたべるんですよ~。(日本だと包丁で半分にきるでしょ?)
古くなると皮が硬くなり、包丁がひつようです。

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪




人気ブログランキングへ


[PR]
by liarra | 2010-05-24 01:06 | ヤム(タイ風サラダ)
<< たこ焼き器でアップルダニッシュ... しょうゆのマーブルロール >>