カノムルークタオ


きょうは、『カノムルークタオ』の洋風バージョン。つくってみました。
ちょっとまえに、カノムルークタオ紹介しましたが、もう一度。
カノムはお菓子。ルークタオはさいころという意味です。

e0127455_14584191.jpg


こちらの中身は本来、前につくった、トアクオンをあんこにして、つくるのですが、今日は中身をスウィートポテトでつくってみました。

しかし。。。

残念ながら家族の評判は悪かったです。
やっぱりタイのお菓子はココナツ風味がいいのでしょうか??
周りの生地がまるで、銘菓ひよこのようなので、中身がスウィートポテトだったらおいしそう!って思ったのですが。。。

一応、皮の材料だけ、紹介しておきますね~。



材料

小麦粉(all purpose flour)     240g
水あめ              40g
パームシュガー          60g
卵                25g
サラダオイル           50cc
水                大さじ2
ベーキングソーダ         小さじ1/2

1. 水にベーキングソーダをまぜておく
2. 水あめ・パームシュガー・卵・サラダオイルを手でよく混ぜる。
3. そこに小麦粉をいれてよく混ぜる。
4. そこに、1をいれてよく混ぜ、20分ほど放置する。

これで、皮はできあがりです。

皮は1個あたり6グラムに分けます。60グラムの塊をつくって、10等分するとだいたいそのくらいになります。
で、中身の餡は、1個あたり8グラムに分けます。
あんこを皮で包んでコロコロ丸めます。(この段階では丸ですが、ちょっと四角ぽくしておくと綺麗な出来あがりになります。)

これをホットプレートで6面焼くのです。

e0127455_15104614.jpg


ちなみに、焼くときに、かまぼこの板のようなものを2枚つかって、ぎゅっぎゅっと挟みながら焼くとさいころがきれいになります。
それをしなくても、自分の重みで四角くなってくるんだけどね。

これに粒あんをつめてもおいしそうだな~とか、黄身餡だったら、ひよこだな~とか思うのですが。。
大きさが1.5センチ角くらいのかわいいさいころです。一口サイズっていうのはけっこういいと思いませんか?

んー。パームシュガーがアジアンなのかなぁ。。
こんどは、水あめの一部をはちみつにして、洋風さを増してみよう!笑






レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪




人気ブログランキングへ


[PR]
by liarra | 2010-05-08 15:15 | おやつ 焼くもの
<< ピーナツ味噌 マーラーカオ >>