大根のサラダと大戸屋風豆乳のブラマンジェ

引っ越しをして、本当に思ったのは本が多すぎると言うこと。

若い頃から本は大好きで、休みとなると神田は神保町へと古本を買いにいきました。
古い本のにおいとか、静かな雰囲気とか、そういうものがとても好きだったのです。
わたしは少しかわってる子だったのかもしれないです。

本と行っても、小説を読む訳ではなくて、写真集だったり、料理本だったり。。。
そのころから、読めもしないのに英語の料理本を買っては、辞書を片手にだらだら読むのが好きでした。わたしが若い頃は、海外の料理なんてあまり目にすることができなかったし、そういうのを目にするのが楽しかったのです。

さて、いま、バンコクにある料理本は、およそ200冊。
で、日本においてある本は、たぶん。。。300冊くらい?
旅行先で買い集めたものも多くて、処分するにも処分できなくて増えてしまったものです。
でも、これではいけない。
料理本の本来の目的は、見ながら作ること。そのレシピにインスパイアされてほかの料理を思いつくこと。。

本気国までに本を見ながら料理しつくそうと、心に決めました。それで、私の家で人気のあった料理本のみを一緒につれて帰ろうということにしました。笑

というわけで、今夜はヒレカツがメインだったのですが、それに加えて、2品つくりました。
一品目は、だいこんサラダ

e0127455_0184361.jpg


それとブラマンジェ。ブラマンジェはレシピを豆乳に変えて、大戸屋風にしてみました。

e0127455_0205630.jpg


ともに『私の贈り物』栗原はるみさんの本を見てつくりました。

サラダは手を付けてしまった後で写真をとったので美しくないですが、おいしかった。これは我が家の定番になりそう。ブラマンジェもです。
まぁ。。栗原先生の本は絶対に手放すことはないかな。。味がうち好みなのです。


さて、話がかわりますが、今日は映画を見に行きました。
今日見たのは『HOP』邦題は、イースターラビットのキャンディ工場

先日見た『Mars needs Mom』もすごくおもしろかったですが、これもすごく楽しかった。
映画に行くと予告編をたくさんみるので、また行きたくなる。
今回の予告編では、THOR と FASTFIVEという映画に行きたいなと思いました。
[PR]
by liarra | 2011-04-13 00:34 | おうちごはん | Comments(8)
Commented by cecilia-1127 at 2011-04-13 05:07
liarraさん、タイの中で引っ越されたんですか?日本から、タイへの引っ越しってこと?それにしても、凄い数の料理本ですねぇ。私は最近、料理本を買わなくなりました。ネット検索すればいいや!と思ってしまって。で、作りたい料理をプリントアウトして、ファイルしておく。だんだんそれすらしなくなり、適当にメモって、作ったら捨てるってなってきてます(笑
私も本が大好きです。liarraさんの料理本の感覚で、マリーアントワネット関連本が貯まってます。フランス語の本を読むために、フランス語を始めたんですもの、私。
栗本さんのレシピって、作った事ないな。試してみますね。
Commented by liarra at 2011-04-13 07:50
セシリアさん
おはようございます。そうなの、バンコクの中で引っ越しをしたんです。娘の塾が遠くて。。。
なにしろ、一人で塾に行かせられないのでいつも私が送り迎えなもので、本当に大変だったのです。

料理の本もそうなのだけど、ほかにもけっこうたくさんのものがあるんですよねぇ。
自分で把握できるものの量の中で生きないといけないなって。。。まだ、老い支度にははやいとは思うのですが、最終的にはスーツケース一個になれたらいいななんて、思っています。

セシリアさん。マリーアントワネットが好きでフランス語をはじめたの?それとも、フランスそのものがすきだったの?

栗原先生のレシピって、おいしいですよ。
あと、わたしは、土井勝先生も大好きでした。先生によって、味の傾向がありますよね♥
Commented by 駅馬車 at 2011-04-13 15:02 x
私も栗原さんの本を持っていますよ(^^)
料理だけの本ではなくて、料理の手際とかのノウハウも書いてる写真が無いような本。
まだ無名時代のものですね。お金がかかってないもの(^^;

私は子供に部屋を明け渡すときに随分本を処分しました。
処分といっても図書館に自由に持って行って良いコーナーがあって、そこに持って行ったんです。
だから今は誰かの本棚にあるはず。

その中にはやはりイギリスで買ったビクトリア次代の料理の本もあったのですが、持っていった人は使っているかなぁ(^^;


Commented by きらきら瞳 at 2011-04-13 15:16 x
バンコクにある本が200冊で日本にある本が300冊?
すごい量ですねェ!!
それだけあると、本棚が歪んじゃいません?

うちは小説が多いのだけど、台湾に来てからは人にあげたり日本に持って帰って古本屋に売ったりします。
まぁ、日本に持って帰るのも大変なのでどうしてもたまっていってしまうのですが、本棚で二重三重に重なってるのを見るのも頭痛くなってくるので…、やっぱり「どうしても手放せないもの!」を選別するしかないですよねぇ…。

お料理、大根サラダもブラマンジェもレストランの一品みたいに素敵です。
毎日の食卓にこんな風に料理が出てくるってことは、ホント幸せなことですよね。
ところで、タイで大根って手軽に買えるんですか?
暑い国だから輸入品になるのかしら?
Commented by pure_white_yuki27 at 2011-04-13 20:28
こんばんは、しろやぎです^^
大変ご無沙汰してしまいました~
日記の更新がない間はタイ語のお勉強とか、大変なんだろうなぁ
って思ってました。
お引っ越しもされたんですね、もう、落ち着かれましたでしょうか。

お料理本200冊~!すごいですね。
私も一時期本屋さんに行っては買いそうになりましたが。
私の場合は収納スペースが少なく、仕舞いきれなくなる前に
諦めました(-_-;)

これからまた、お料理ブログ再開ですか?
‘ソフトオープン’でのんびりマイペースで、日記の更新
楽しみにしていますょ~^^
Commented by liarra at 2011-04-13 21:48
駅馬車さん。
そうですか。駅馬車さんも栗原先生の本、持ってるんですね!
まだ、無名の頃のだなんて、見てみたい〜♫
こちらでは、日本の本は高く、古本屋さんで売ることができます。料理の本はたぶん、そうなるんじゃないかな?
子供の児童書などは、日本人会の図書館とか学校に寄付できたらいいなと思っています。
ところで、駅馬車さん。ビクトリア時代の本で、料理は何を作られたのですか?
Commented by liarra at 2011-04-13 21:52
きらきら瞳さん。
そうなんです。本棚は、背の高いものが3つ分くらいでしたが、重すぎて、間の板が曲がってしまっていました。
ほんとのところ、料理の本って、眺めてるだけでもうれしかったりするんです。だから、なかなか処分できない。泣
だいこんは、輸入品だけじゃなくて、こちらのものもあります。
でもね、あんまり質はよくなくて、じゃりじゃりしてるものがあったり、とても辛かったりします。
キラキラ瞳さんところは、輸入品じゃないものもありますか?
Commented by liarra at 2011-04-13 21:54
しろやぎさ〜ん
ごぶさたしてしまって、すみません。お元気でしたか?
しろやぎさんが考えられてたとおりでした。3月までは学校やらなんやら、いそがしくてすぎてしまってました。
そして、震災。
しろやぎさんは、大丈夫でしたか?
いまは、ソンクラーン(タイの正月)で連休の5日目です。
あと、4日もあるので、明日は犬をつれて朝マックに行こうと思ってます♫
<< 酢の物と豆乳のアイス ソフトオープンなブログ >>