ブアークソットサイ(タロイモの揚げもの)


きょうは『ブアークソッドサイ』つくってみました。
ブアークはタロイモ。ソッドは詰める。サイは中身です。
これは、タイ料理というよりも中華料理ですよね~。

e0127455_2385798.jpg


日本でも飲茶屋さんとか中華街に行くと売ってますね(^_-)-☆
まわりがさくさく、ほろほろとした食感。
どうやったらできるのかと、ずっと不思議に思っていました。
その秘密は、ペーンタンミンという粉と、アンモニアでした。
ペーンタンミンは、日本でいう『うき粉』のことです。

アンモニアはそれを匂ってみようと思うと、くさくてたまりませんが、揚げてしまうと全然匂いがしません。ふしぎなものです。

というわけですが、中身をつくって、皮を作って。。。しかも、材料がマニアックなものですので、きっとだれもやらないだろうな~~~ってことで、レシピを書くのをやめました。
もし、もしも、作りたいっていう人がいたら、言ってくださいね。
書きますよ~。

日本でタロイモって買えるのかな?
八つ頭とかサトイモで代用はできないのかな?とかいろいろと思うのですが、タイでは、タロイモが安いですし、試したことがありません。
いつか。。ためしたら、また、アップしますね~。



レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪




人気ブログランキングへ


[PR]
by liarra | 2010-07-07 23:18 | おやつ 揚げるもの
<< たまには。わんこのこと ヤムマクアイープン(タイの食べ... >>