ゲーンキヨワーンガイサップソッドサイカイケム


きょうは『ゲーンキヨワーンガイサップソッドサイカイケム』つくりました。
ゲーンはカレー。キヨワーンは緑。ガイサップは鶏挽肉。ソッドサイは詰め物。カイは卵。ケムは塩辛い。という意味になりまして。。あーーー長っ
グリーンカレーの鶏挽肉の塩卵詰めになります。

e0127455_23495444.jpg


ほんとうは、ひき肉ではなくて、プラーグライという魚のすり身で作りたかったんです。
で、きょうはスーパーをまわったのですが、見つけることができませんでした。
お店の人いわく。
「おくさーん(こう呼ばれるのはなんかいやなんですけど。。)これはね、タラート(市場)いかないとないよ。自分でつくるひといないもん。」
だそうです。

料理教室に行ってた時はプラーグライなんていつも使ってたのに。。。
学校の先生は、タラートに行ってたんですね。はぁ。

でも、気を取り直して、ひき肉で代用しちゃいました。








きっとこのカレーは作る人いないから材料だけ、ざっとかいておきますね~~

材料

ひき肉300g
塩卵の生 4個くらい
マクアプアン(すずめ房のなす) 1/2カップ
プリックチーファー(赤いおおきなチリ) 2本
バイマックルート       4枚
バイホーラパー(タイのバジル) 1カップ
グリーンカレーの素 今回は、自分でつくらないで、レストラン『ブルーエレファント』のものを使ってみましたよ。

e0127455_011841.jpg


これがブルーエレファントのカレールー。
インド系タイ人のお友達が、これは辛くないのに香りが高いからおすすめ♪と言ってたのでためしてみたのです。

ナンプラー大さじ1と1/2
ヤシ砂糖 大さじ2
ココナツクリーム 2カップ
水        1カップ

こんなところかな?

塩卵っていうのは、生卵を塩の土に漬け込んであるもので、それを茹でたものはおかゆにそえたりしますよね。
茹でてないものは、生でも黄身が粘土みたいにかたまっていて、それを丸めてひき肉の中に詰めるのです。

e0127455_0292683.jpg


これが塩卵の生。こんな真っ黒な泥?の中に入ってます。

e0127455_0295397.jpg


これは、すずめの房なす。
見た目グリンピースみたいでしょう?初めて食べた時、衝撃でした。ちょっと苦くて、まずい。笑
いまは慣れてしまったのか、入ってないと物足りません。笑

出来は上々。
さすがブルーエレファントのルーです。ヨーロッパから逆輸入されたタイ料理。
辛さは少なくて、外国人向け(わたしにはものたりないけど。。)でも、香りが高い!
娘もおいしいおいしいと食べてくれました(^_-)-☆



レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪




人気ブログランキングへ


[PR]
by liarra | 2010-06-05 00:35 | おうちごはん
<< ワッフル ピーナツメレンゲ >>