ゲーンキーレック


家でお昼をとることが多いです。
屋台で買ってくることもありますし、家でつくるか、料理学校で作って持って帰ってきたものが冷凍されていたりするので、その消化もお仕事のようになっています。

学校で作ったものでも、辛くないものでしたら、夕飯にできたりもするのですが、辛いものは日本人の手にはなかなか負えなかったりします。そうなると、子供はまったく無理です。
(もしかしたら、先生が辛いのにつよいのかも?)

料理学校は、今通っているところが2軒目です。
最初のところは日本人が多かったせいか、あまり辛くはなかったです。先生も「こんなの辛くな~い」とよくおっしゃってました。

さて、今日のごはんは、残っていたサフランライスと、ゲーンキーレック。

e0127455_13553125.jpg


キーレックという葉っぱの入ったカレーで、辛い上にとても苦い。
味のイメージとしてはすりおろしたゴーやが入ってる感じ?です。

わたしはもともと苦いものは好きですので、結構好きなんですよ。これ
でも、家族はまるきり駄目です。
横にある茶色いものは、プラードックフーといって、ナマズの蒸した身をあげたものです。
揚げかすみたいですよね。

ところで、写真の端っこに移っている紙かわいくないですか??






これは、ニュージーランドの文具、KIKKIのものです。
かわいいですよね~。

e0127455_13574137.jpg


サイトにもあるように、赤い色がテーマなのでしょうけれど、おばさんのキッチンにはグリーンが落ち着いていいようです。笑
これに、数日分のメニューとつくりたいおやつなどを書いています。
冷蔵庫に貼っておくだけでも、ちょっと心がうきうきしています。
これを始めてから無駄な買い物もなくなりました。(^_-)-☆
すこしだけですが節約に貢献しているんじゃないかしら??


レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪




人気ブログランキングへ


[PR]
by liarra | 2010-04-23 14:05 | おうちごはん
<< おひるはラザニア レモンカードでミルクレープ >>